【ヤバい】期間工「派遣会社」経由のデメリットとは?

期間工が派遣会社経由するデメリットがわかります。

まず未経験者は、期間工の雇用契約の「仕組み」がわからないですよね。

パパ活お手当

はじめての未経験者が期間工に採用されるまでの流れを含めてカンタンに解説します。

 

派遣会社経由で期間工になるデメリット

結論からいいます。

  • デメリットは特になし

 

「デメリットなしって本当に?」・・・と思った方は期間工経未経験者ですね?

短期間で未経験者が稼げる期間工は、派遣会社経由がシンプルに楽です。

 

ただし、「大手派遣会社経由」でという部分がポイントです。

聞いたこともない小さい派遣会社経由では不安です。みんなが利用している大手派遣会社経由であればデメリットが一切ありません。本当です。

 

デメリットがない

期間工は「寮」に住み込んで家賃無料で働けます。

未経験からのスタートでも報酬が良いので、まじめに作業すれば短期間でまとまったお金が作れます。

でも「バイト」や「正社員雇用」と違って期間工未経験者は採用後の段取りも含めてこの先どうしたら良いのかわかりませんよね?

だから、はじめて期間工に応募する時はみんな不安です。

 

でも「派遣会社経由」で応募すればコーディネーターがサポートしてくれます。

次どうしたらいいか事前に教えてくれます。応募して期間工になりたいことを伝えるだけです。

それだけで、派遣会社経由であればスムースに期間工になることができます。

 

期間工になるには紹介してもらうのが1番楽

期間工になるには「学歴」や「年齢」は関係ありません。

でも希望する期間工の募集はなかなか見つけられないと思います。

タイミングや適正の問題もあるので、派遣会社経由で仕事を紹介してもらったほうが楽です。結果的に期間工としての待遇も良くなります。

 

派遣会社経由のメリット

  • 採用されやすくなる
  • 無料でサポート(新生活に必要な準備がスムースにできる)
  • アフターサポート(就業中に困った時にも相談できる)
  • 次の仕事も紹介してくれる(期間満了後もサポートしてくれる)
  • 面接や事前に必要な準備の段取りをしてくれる

応募がはじめての場合は、特に「派遣会社経由」でないとミスマッチになり失敗します。

そもそも、派遣会社経由でも直接メーカーに応募しても期間工は契約社員で雇い主はメーカーで同じになります。

派遣会社を利用すると上記メリットがありますが、直接応募はそのメリットが受けられないのです。

この差がとても大きいです。

 

派遣会社経由でも直接応募でも最終的に契約は同じ「契約社員(期間工)」

普通、派遣会社経由の場合は雇用主が派遣会社で、派遣先がトヨタなどの自動車メーカーになる。
そう勘違いしてしまうものです。

しかし「期間工」は違います。

派遣会社が応募者をトヨタなどに紹介します。そして、実際に採用して契約社員として雇用するのはトヨタなどのメーカーです。

ですので、直接トヨタなどの期間工に応募しても派遣会社経由で応募しても採用後の契約形態は契約社員です。

どちらの場合も採用後は、メーカー(トヨタなど)の契約社員(期間工)になります。

派遣会社経由=派遣社員になるわけではありません。

派遣会社は人材派遣するのではなく、求人情報を出して期間工希望者を募集しトヨタなどのメーカーが求める人材を紹介します。

トヨタが直接、期間工を毎回募集してマッチングしたり相談にのってコーディネーターを雇うより、専門の派遣会社にアウトソーシングしたほうがスムースでみんな得する仕組みです。

 

派遣会社経由にはメリットしかない

派遣会社は求人情報を出してメーカーと応募者をマッチングすることで、メーカー側から報酬を得ます。

メーカーは毎回直接、求人を出して応募者情報を処理するコストが省けます。

アウトソーシングしてるのでトヨタなどのメーカーは派遣会社を利用するほうが得なのです。

また、応募する人も派遣会社を利用するほうが無料でサポートを受けて手配してもらえて採用されやすい期間工求人とマッチングしてもらえるので利用します。

コーディネーターという担当者がついてくれるので、期間工になる前に心配なことや悩みごとも相談できます。

 

万が一期間工で落ちて不採用になった場合も安心!

万が一、応募した期間工案件で不採用になってしまっても、コーディネーターが別の期間工求人を紹介してくれます。

自分で求人を探して応募するのと違って、派遣会社経由なら「コーディネーター」が仕事探しを手伝ってくれます。

そのため、採用される確率がUPします。

また「未経験者」の方もより高待遇の求人に応募しやすくなります。

 

アウトソーシング(期間工.jp)が最大手

㈱アウトソーシング(期間工jp)

期間工の派遣会社は「㈱アウトソーシング(期間工jp)」が最もおすすめです。

その理由は、期間工専門の派遣会社で日本最大手だからです。大量の採用者がこの派遣会社経由で期間工になってます。

案件紹介、内定方法、面接、契約手続き、アフターサポートまで対応してくれます。

はじめての方も期間工のお仕事がスムースに見つかります。

期間工の仕事を紹介してる派遣会社は複数ありますが、最大手の㈱アウトソーシング(期間工jp)を利用すれば1番確実です。

 

 

派遣会社を利用すると便利な理由

・あなたにぴったりの期間工求人を見つけてくれる
・自分では見つけられない求人情報を教えてくれる
・採用されやすい求人情報に応募できる(不採用を避けやすくなる)

初めて期間工をやる時は未経験ですのでみんな不安です。

派遣会社を利用すると、面接から採用後の相談も含めて無料でフォローしてもらえます。

期間工の契約期間が満了した後、またお仕事をしたい場合は次の仕事を探してくれます。

正社員希望の場合は正社員雇用されやすい案件を優先して紹介してくれます。

「寮つき案件」も希望する形態に近いものを紹介してもらえます。

 

直接応募する場合は、目の前の求人情報をたよりにいきあたりばったりの応募になります。

経験者でないとかなり不安を感じます。

しかし、派遣会社を利用するだけで楽に期間工に応募できます。無料で派遣会社の期間工専門コーディネーターになんでも相談できます。

 

期間工の福利厚生

期間工に採用されると、雇用保険、健康保険、厚生年金に加入できます。雇用保険は契約期間が満了。または別の事情で退職した場合の保険です。

ハローワークから退職後、雇用保険がもらえます。再就職した場合は再就職祝い金がもらえます。

再就職前に専門学校などに通学することもできます。最近はハロワの職業訓練学校と言っても民間委託されているので、普通に通学したら数十万、数百万円の授業料がかかる学校に無料通学できます。

しかも、雇用保険の支給期間が6ヶ月、1年以上と延長されます。その間、雇用保険を受給しながら次の仕事のスキルアップができます。

男性で事務職系を希望する場合は、職業訓練学校を経由して「プログラマー」や「デザイナー」に転職する人も沢山います。

しかも期間工で働いて期間満了状態であれば貯金ができてますので、ちょっとした自己投資も余裕でできます。パソコンを購入したり新しいお部屋を借りたりして新生活をスタートできます。

年齢制限で就職しようにも募集がない場合でも、いきなり「フリーランス(自営業)」になって独立開業することもできます。

また別の仕事に就職し、「副業」として新しいスキルで稼ぐこともできます。

このように福利厚生が充実しているので期間工はダメ人間が底辺から脱却する転機になります。

期間工を満了したらスキルアップを考えてみてはいかがでしょうか?単に休んでスキルアップせずに同じ仕事を続けても、年齢が上がるほど疲れやすくなります。

体力があるうちに期間工をやっていたメリットを活かしてステップアップしてほしいです。

 

健康保険について

健康保険は怪我や病気の時に1年半年の傷病手当をもらう保険にもなっています。万が一、働けなくなっても1年半年の間、給料の何割かが指定の銀行口座に振り込まれます。

さらに厚生年金は65歳になったら毎月年金を得ることができます。国民年金だけでは月額5万ちょいですが、厚生年金であれば月額10万円以上安定して毎月振り込まれます。

期間工は期間が決まった仕事ですが、社会保障が完備されているので安心して働くことができます。

しかも、給料とは別に満了金や慰労金なども支給されます。さらに寮であれば家賃もかかりませんので、短期間でまとまったお金が貯まります。

そのお金と経験を活かして次のステップに進むことができます。

学歴、職歴、年齢不問

期間工は学歴、職歴で面接段階で排除されたり差別されることがありません。

今は人手不足ですのでまだまだ採用率も高いです。そのため期間工は高待遇です。

まじめに作業すれば「経験者」としてさらに優遇されます。

「報酬」や「待遇面」でも確実に報われます。

パートやアルバイトで中途半端な低賃金報酬でダラダラ働くよりも、期間を決めてガッツリ期間工で稼いでみませんか?

 

タイトルとURLをコピーしました